スフェーンはパワーストーンとしての力も高い

スフェーンは、ライムグリーンが多いですが、中にはイエローに近いものがあります。
チタンの含有が緑色を濃くしていますから、チタンの量が少ないスフェーンは黄色っぽいということになります。
黄色が濃い方がファイヤがはっきりしていると感じる方も多いですね。
スフェーンは硬度が低いので、宝飾品には実用的でないとされていたことと、稀少な宝石だったと言うことで、流通量が少なかったのですが、近年、ブラジルやマダガスカルで鉱脈が発見されてニーズに応じて流通するようになってきました。
輝きがすばらしく、ダイヤモンドをしのぐ分散率を持つといわれていますし、パワーストーンとしての力も高いので、購入出来るチャンスがあれば、是非手に入れておきたい石ですね。
スフェーン効果?パワーストーンとしても人気の宝石【美しい輝き】