看護師が転職するデメリットとは?

看護師の転職のデメリットは、「メリットの裏返し」でもあります。
と転職先にも警戒されるようになります。
看護師の転職のデメリットとして「ブランクがあるために、新技術についていけるか自信がなくなる」ということがあります。
ただ、看護師の能力・キャリアに合わせて、職場を選ぶことは、ある程度可能です。
病院・診療所には色々な経営方針・運営方針がありますので、合う職場を探すことは可能です。
また、看護師の転職のデメリットとなるのが「超過勤務が多い職種なので、子どもを預ける場がない」ということがあります。
保育所などの延長保育を利用してもカバーしきれず、民間の託児所・親族の家庭に世話になるしかないケースも、多々あります。