住宅ローンを借り換える時の注意点とは?

人生で一番大きな買い物である住宅。
なかなかキャッシュで買えるものではありませんので、大抵の方は住宅ローンを組んでおられるのではないでしょうか。
住宅ローンの金利は借りた時期や金融機関によりまちまちのため、ご自身が借りられたものよりも金利の安いものに借り換えたいと思われる方も多いことでしょう。
一般的には10年以上ローンが残っており、かつ残高が500万円以上の場合、1%以上金利が安くなるのなら借り換えたほうが有利といわれています。
しかしながら注意点もあります。
それは借り換えにかかる費用を含めてシミュレーションをすることと、新たなローンの繰り上げ返済の条件がどうなっているかです。
金利が低くなってもそれ以上に費用が掛かるのであれば意味はありませんし、新アナローンが繰り上げ返済ができないとか、最低100万円以上でなければ繰り上げ返済ができないようでは、今後ローンを減らしていくことができなくなりトータルでみるとプラスになりません。
そういったことも含めて住宅ローンをどうするかを考え、ご自身にとって有利な返済をしてください。
http://www.karikae-hikaku.com/