住宅ローンが消費税増税で損することがあるの?

消費税が2014年4月からは8%、2015年10月からは10%への増税が控えている現在、マイホームの購入を真剣に検討している世帯も増えているかと思います。
住宅は多くの人にとって人生で一番高額な買い物であり、また高額であるがゆえに大半の人は住宅ローンを利用して購入することとなります。
消費税の増税による住宅の新規購入需要の落ち込みを軽減するため住宅ローン減税の拡充が予定されています。
また、ローン減税に加えてローンを組んで家を買った中・低所得車窓に対し給付金を出す制作も決定してます。
これは、住宅購入はハウスメーカーのみならず設備メーカーや新規の家財道具の購入も含めると電機メーカーなども巻き込む裾野の広い業界であるため、経済対策としても重要な問題であると考えられているからです。
もちろんこれらの助成制作は購入者にとってありがたいものではあるのですが、住宅ローン減税や給付金だけに左右されず、しっかりとした返済計画を組んだ上で購入の検討をすすめることが大切となります。
住宅ローン消費税増税で損?減税と控除の方法!【金利に影響は?】